貧血とスポーツ

「顔色が白いね、貧血?」、「なんか体が怠いし、階段上ると息切れがするし、体の調子良くないんよ。―それ貧血と違う?」。このような会話を一度や二度交わしたことがあるでしょう。そう、貧血は日常よくある病気です。特に更年期前の女性では。

血液はご存じのように真っ赤な色です。その成分をつぶさに見てみると、細胞成分として、①赤血球及び血色素(ヘモグロビン)、②白血球、③血小板と④液体部分の血漿に分かれます。貧血は、全血液量が減少した状態とか、赤血球数や赤血球の中にある血色素(ヘモグロビン)の減少した状態をいいます。多い原因は、赤血球をつくる材料の不足(たんぱく質や鉄の不足)や出血(更年期前の女性の月経など)による血液の喪失があります。稀な原因としては赤血球をつくる骨髄の機能障害や、赤血球膜の脆弱による破壊(溶血)などがあります。臨床の場でいう貧血は、血色素(ヘモグロビン)が正常より少なくなっています。血色素の正常値は、男で1416g/㎗、女性で1214g/㎗です。貧血の多くは徐々に進んでゆきますので、自覚症状なく前述の訴えが出てくるときには、8g/㎗以下のこともあります。

赤血球の重要な働きの一つは、呼吸により体の取り入れた酸素を体の隅々の組織・細胞に運ぶという役割があります。具体的には赤血球の中の血色素が必要物資を運ぶトラックの働きをします。貧血は、言い直せば、酸素を運ぶ赤血球・血色素(トラック)の数が少ない、また形が小さい(小型車)ので、必要な酸素が運べないという状態になります。したがって、運動するときには多くの酸素が必要になりますので、貧血では運動能力は低下します。この貧血の原因は、血液(特に赤血球・血色素)の生成材料である鉄の不足(鉄欠乏性貧血)ですので、鉄を投与することで、解決いたします。鉄剤を服用する、または注射で(貧血が著明な場合)補います。それ以外の原因としては、蛋白質、ビタミンB12及び葉酸が必要です。体重を落とすために減食したり、バランスを崩した食事をすると貧血を起こします、特に運動をする人には食生活の配慮が必要です。

一部スポーツ貧血という名で言われる貧血があります。これは上述の鉄欠乏や、食生活が運動に伴っていないアンバランスである以外に、赤血球の破壊促進と思われる溶血があります。これは激しいスポーツ活動(溶血因子の増加)によるといわれています。また足底部への激しい衝撃を伴うスポーツでは、足底部の血管の中を流れる赤血球がその衝撃によって破壊される(溶血)ためといわれています。スポーツを楽しむ人は特に健康診断なども受けることをお勧めします。


顧問 石倉保彦

2012年05月25日 by staff