谷川実優さん ~バトントワリング全国大会小学生部門優勝~

今回は、今年度優秀選手受賞者谷川実優さんをご紹介します。

谷川実優さんは、2000年5月15日生 楠小学校6年生です。素敵な笑顔が印象的な女の子です。
3歳の頃、お母様がお友達作りのためにと考えられてバトンを始めました。現在所属しているスタジオキャッツアイに入ったのが5歳のとき。小学2年生で初めて全国選手権に出場、以来毎年関西代表として出場されています。 得意種目は「ソロトワール」と「ソロストラット」得意技は「ワントリプル」だそうです。 ソロトワール・ソロストラットというのは、バトントワリングの種目。ワントリプルという技は、バトンを高く投げ上げて落ちてくるまでの間にスピン1回とイリュージョン3回してバトンをキャッチするという大技です。バトンを習っている子ども達なら、きっと…「出来るようになりたい!でも無理かも…。」と思ってしまうほどの技術です。

「バトンをやっていていい成績が取れたときは、やっぱりとっても嬉しい。今までで1番嬉しかった事は、今年3月に開催された全国選手権小学校部門で1位になったこと。」そう話す彼女は、クラブでの練習を週に2日、バレエと体操の教室に通い、それ以外の日は自主練を1日3時間というハードな練習をこなしています。バトンが大好きで、「将来はバトンの選手として活躍したい。」そう話す彼女も、小さい頃は、投げたバトンをキャッチできずに体に当たって、痛くてバトンを投げるのが怖かったときもあったし、新しい技ができなかったり、先生に怒られたときにはやめたくなったこともあるそうです。今はバトンが当たっても怖くないの?と聞くと「丁寧に投げてしっかりキャッチすればいいから平気」と答えてくれました。小学6年生12歳という年齢ながら、厳しい練習を積み重ねてきたからこそ言える言葉だと感じました。

学校では図工と体育が好き。お友達と遊ぶときには鬼ごっこを したりゲームやおしゃべりをしたり…。読書が好きで、「今は、 怪談話にはまってる」という実優ちゃん。 来年は中学生。世界大会を目指して新しい種目にチャレンジします。 今後の活躍がとても楽しみです。

頑張れ実優ちゃん!!

 

2012年09月28日 by staff